新井吹奏楽団ARAI Symphonic Band

 *団員構成 *コンサートの足跡 *コンクールの足跡 *LINK集 *写真館 *団員専用の部屋 *お問合せ
 *HOME

 

 1978年、新井市立新井中学校吹奏楽部OB会として発足、以後吹奏楽コンクール出場と定期演奏会を中心として、幅広い音楽活動を続ける。
 1983年、新井市吹奏楽団と改名し初代団長小林康生にて正式発足、常任指揮者(現名誉指揮者)に林尚彦先生を迎える。
 1986年より、音楽指導に金井信之氏(現大阪フィル)をお招きする。
 1988年創立10周年記念事業として、東京佼成ウインド・オーケストラ新井特別公演を主催。
 1991年、故マエストロ F・フェネル氏を招き「新井市民音楽祭」を主管また演奏会には東京佼成ウィンドオーケストラコンサートマスター須川展也、北野晃一郎氏もゲスト出演大成功を修める。
 1993年再び故マエストロ F.フェネル指揮東京佼成ウィンドオーケストラ新井公演を主催。大好評を得る。また、同年定期演奏会には猪俣猛氏とのジョイントを行う。
 1998年、創立20周年記念にマルタ氏を招き、ブラスオールスター・新井withマルタを開催。
 2003年創立25周年を迎え、自作の相羽茂作曲、音楽物語「景虎シンフォニー」を小澤幹雄氏の語りで発表。好評を得る。
 そして2008年、創立から30年目を迎え、第28回定期演奏会が盛大に行われた。

 我が妙高市は、2005年4月に旧新井市・妙高高原町そして妙高村の3市町村が合併した新しい都市であり、新潟県の南東(長野県に程近い)に所在する人口約40,000人ほどの街です。
 冬、豪雪地帯と言うこと以外あまり知られていませんが、吹奏楽だけは歴史も古く、私たちが日頃の練習会場にお借りしている新井中学校は、過去2回の全国大会(1地区1団体代表制の時代)があります。
 その他に自慢をすることがあるとすれば、まだまだ自然が多く残っていると言うことでしょうか。この雪国の自然の中で作られる美味しいコシヒカリと地酒は、誰もが認める特産です。そして季節季節の山菜は、それらの味をより一層大きく引立ててくれます。
 20年ほど前に、この情報に興味を擁いた新日本フィルの山口浩一先生が新井市を訪れ、以後お付き合いをいただく傍ら自らのご指導と多くのプロプレイヤー、音楽指導者の方々をご紹介頂き来新された皆様方から御教授頂き今日に至っております。
 そして、市町村合併に伴い団名も新たにした我々新井吹奏楽団団員一同は、今日までの皆々様方の数々の教えと豊かな自然の残るこの地に、しっかりと貢献出来る音楽活動を続けてまいります。

Copyright © 2005 by "新井吹奏楽団・ARAI Symphonic Band" All rights reserved.